無料
エロ
動画
容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

D|S3フリーでGo!

  1. 2011/11/19(土) 19:33:41|
  2. D|S3|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0


Kotozoneさんの操・活・解の UberEnvironment の項を参考にさせてもらってD|Sを試していたのですが、何かが違う・・・
と思ったら、UberEnvironment2は元々有料で、操・活・解での解説はD|S3アドバンスの中にあったというのに最近気がつきました チャンチャン!

上はノーマルのシェーダで下はとうふさんの Fix Glossiness and Bump ver1.01/ DAZ Studio Script を背景プロップのシェーダに適応させたもの





石畳の縁に光沢ができているのと、石のひびにバンプが効いているのがお分かりいただけますでしょうか

うーん、逆に言うと、この背景セットはDazで売られている看板作家の結構高価なものであるわけですから、それすらD|S用にマテリアルが組まれていないってことなんでしょうかねえ







上は無限光1灯でのノーマルレンダリング 下はおそまきさんの煤払いレンダラ使用
私の場合、大体キーライト+フィルライト+イメージなしのIBL(?)のAOを使うっていうのが好みなのですが
ノーマルレンダリングの場合、ここから各ライトの調整が面倒くさかったのです 右側のV4の顔には影が落ちすぎていますし、全体を明るくしつつ影はくっきりつけたいとか、色々やっているとですね そのうち嫌になってしまいます
まあ、面倒くさいのが大嫌いですから、キーライト一発で思ったとおりのレンダリングが出来れば最高なわけです

ライト強度や影の濃さやボケ具合を調整すれば、季節や天候や時刻を加味したレンダリングが、煤払いレンダラでは出来るのではないかな、と思いました

以下、糞のようなテストレンダ 暇な人だけ見てくださいませ





<<  -  |  ホーム  |  -  >>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら

DTIブログって?

close