無料
エロ
動画
容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

MNE_for_ChibiBel in LuxRenderDSの一発目

  1. 2011/09/06(火) 11:52:47|
  2. LuxRender|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
MNEさんフテペンさんのSERA嬢のリアルカスタムを出され、PixivでCBのリアルカスタムも、などと図々しくもお伺いをお願い奉りましたるところ、

本当に作っていただけましたっ!!!

ひーっっっっっっっっ!!!!!! ありがたくっ!!!!!

LuxRenderでベタ塗りのフィギアのレンダリングは難しいのであります、私には

レンダリングにおいて、マテリアルとライトは表裏一体と言っておきながら、ライト命でマテリアルをおざなりにしてきた人間の屑DAD、CBに取り付かれた人間の屑DAD、LuxRenderDS馬鹿の人間の屑DADにとりましては、狂喜乱舞するシロモノなので御座います

話はちょっと離れますが、Pose2Luxの最新版を試そうとして、PoserのCBのRuntime=本チャン用Runtimeを久々に開けたところ、二重にビックラでした

P2Lの進化が相当凄そうでした
てめえのCBのRuntimeがぶっ壊れていました

てめえのCBのRuntimeがぶっ壊れたのは、以前P2LをP7Jで使いがたいが為に、P7Jに英語版SR3を当てると日本語版Poserが英語版に改変できるというのを試した結果でして
これを元に戻す際、誤ってTY2用のRuntimeも消失させております

へへへ アホですな、俺

MNEさんの娘さん達は、PMD形式(オブジェクトの差分形式)で配布されておられるので、D|SではMATポーズが使えないらしいです

ほぬほぬさんのV4JCMは、PoserでV4にMATポーズを適応させ、それをPoserライブラリに保存すれば、D|Sで使用可能です

となると、PoserでMNE_for_ChibiBelを作成してライブラリに保存すれば、D|Sで使用可能になるのであります

てなわけで、以下D|SにMNE_for_ChibiBelを持ち込む為のフィギア作り
ごちゃごちゃ書きますけ、実は慣れてしまえばどうってこたぁ、ありません

キモは、

。丕錚鵤紕鬟侫ギアの再セットアップを行うには、インバースキネマティクスを外してゼロフィギア そのオブジェクトを書き出し、読み込みなおして使えば良いです

■達造魯掘璽鵑貌匹濆まれたとき、頭部と腰部のモーフがCR2で適応されてしまうので、オブジェクトの書き出しの際には、パラメータを0にしておく必要があります

D|Sでは、PoserでのPMD形式のMATポーズの適応は出来ませんので、PoserでPMD形式を適応させたフィギアを作成し、それをライブラリに登録すれば、D|Sで使えるようになるのであります


では、実践っ!

/卦シーンにCBを読み込みます



▲侫ギア>インバースキネマティクス設定で、左脚と右脚のチェックを外します



ウィンドウ>パラメータ編集からジョイントエディタを開き、プレビューでCB/ボディを選択し、ゼロフィギアボタンをクリック



ぅ薀ぅ屮薀蠅離檗璽困ら、mne_INJをクリックして、CBに MNE_for_ChibiBel を適応させます



ィ達造瞭部を選択し、FaceのChibiBelのパラメータを0にします



Γ達造旅部を選択し、NoGenのパラメータを0にします



Д侫.ぅ襦篏颪出し>WabefrontOBJをクリック 範囲の書き出しはOKをクリック ユニバースのチェックを外して、全てのチェックを外し、ChibiBelにチェックを入れます



┰颪出しオプションは、ポリゴンにボディの名前を含むだけにチェックを入れ、OKをクリック RunTime>Geometories以下に、適当な名前を付けて、オブジェクトを保存します



Poserの新規シーンで、ファイル>読み込み>WabefrontOBJをクリック



┐琶歛犬靴織ブジェクトを読み込みます



読み込みオプションのチェックは全て外します



セットアップルームに移動し、読み込んだオブジェクトにCBを適応させます



ポーズルームに戻り、ライブラリのポーズから、CBのデフォルトマテリアルを適応させます
何故マテリアルの再適応が必要なのかというと、一旦オブジェクトとして書き出したものを再セットアップさせると、マテリアルの透明度や反射やバンプのマテリアルノードが欠落してしまうからであります
こういう場合、MATポーズがあるフィギアは、改造が簡単でありがたいです



CBにライブラリのポーズから、mneMATを適応させます



ライブラリ>フィギアに、適当なフィギア名をつけて保存します



このPoserのライブラリに登録した MNE_for_ChibiBel をD|Sで読み込めばいいわけです



MNE_for_ChibiBelは、私的にはかなり凄くて、やばいデータになりそうです
CBがLuxRenderでレンダリングできてしまう点とCBの炉体型+リアル系フィギアの頭部の組み合わせも可能になってしまいますから

恐ろしい方だ、MNEさんも・・・


ではでは


<<  夢の競演!  |  ホーム  |  おーまいがっ!  >>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら

DTIブログって?

close