無料
エロ
動画
容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

未だ、発見できず

  1. 2011/07/03(日) 23:35:18|
  2. LuxRender|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4
ムキムキボーボーボインボインも好きなんですよ、私ゃ!

V4エリートのプリセット(PoserでいうところのMATポーズ?)がっ?
何べんもとうふさんに質問しても場所がわからないので、質問はもう止めますばい・・・

今のD|S3フリーには、V4と髪とビキニ あと、Uberシェーダーとライトのセット、V4エリートLunaRRという肌マテのプリセット 更にV4エリートモーフが入っています
ただなら、これだけでも結構お徳かも・・・(後はMorphes++を買えばいい?)

kotozoneさんの活・操・解を拝見していると、D|Sで肌のシェーダー(Poserでいうところのマテリアルノード?)使う場合は、UberシェーダーやV4エリートのHSSというプリセットに、好みの肌テクスチャを貼り付けるのがベストのようであります

とうふさんはデフォルトのシェーダーでも凄いセッティングを出していますし、ライティングも凄いですから
Realityを使っていなくても、その作品は物凄すぎです

Dazのコンテンツ(広義は3Dデータ 狭義では、Poserでいうところのライブラリ?)のインストールは実行形式なので、何がどこにインストールされるのか全くわからないです
ReadMeやインストールしたときに表示されるhtmlをよく読まなければいけないのかな?

せっかく、とうふさんが肌マテのセッティングを公開してくれているのに、私のPCにはどこをどう探しても、てめえで入れたV4エリートのプリセットが見つからないのです
ま、しゃーないですわいな 諦めます・・・

話は変わりますが
私のPCにはDAZの実行形式のフィギアは、Poserのディレクトリにはインストールできません
対応策として、適当なフォルダに右クリックからテキストファイルを作り、それをPoser7.exeと改名して、そのフォルダにインストールしています
そのフォルダを外部RuntimeとしてPoserのライブラリに追加して、PoserでDAZの第4世代フィギアを使っているのであります

D|S3フリーには、DAZの第4世代フィギアは問題なくインストールできます
デフォルトではCドライブのドキュメントアンドセッティングのマイドキュメント以下の DAZ 3DStudio3>content のRuntimeにインストールされています
Runtime以下には、Poser同様、ライブラリとジオメトリとテクスチャのフォルダがちゃんとありました
試しにPoserで、このRuntimeを外部ランタイムとして設定したところ、ちゃんと認識されました

恐らく、DAZの実行形式でインストールされるデータは相対パスになっているはずなので、このRuntimeをPoserのRuntimeにコピーしても、PoserのRuntimeにインストールできなかったDAZの第4世代フィギアは使えるようになると思います

LuxRenderは、なかなかはかどりません!
ふっ・・・
LuxRenderは、テクスチャの改造も含めてマテリアルをいじれる人向けだと思うんですけどね
Poser専用のデータは、そのままではD|Sでは使えないので、恐らくD|S使いの方々はマテリアルを再セッティングしていて、それが普通なんだろうなあ、と思いました



レンダリングにキレが出ねええええええっ! 輪郭がぼけている感じが気に入らねっ!
LuxRenderはレンダリング中にポストワークが出来ますが、私の望みとはちょっと違う
太陽光の感じが秋の午後、夕暮れ前的な感じにしかならない 何でかなあ

V4の室内レズシーンをやりたかったんですけど、V4二体は無理でした
暑いです LuxRenderがデータを読み込み中にCPUクーラー全開になります
帰宅して座っただけで汗が吹き出る通気の悪いほったて小屋ですから
環境極悪、ハードはしょぼしょぼ
64ビットOS用にメモリを死ぬほど積みたいなら、安価なDDR3しかないから、DDR2以前のプラットフォームじゃ俺には無理ですね
一体、いつになったら室内レンダリングに挑めるのか 部屋のデータの入手も含めてですねえ

D|SはPoserより使いやすいです バーチャルフォトスタジオは伊達ではありませんね
とはいえ、CB用にD|Sでのセッティングを出せそうにありませんので、Poserを止める気もありませんけどね

ではでは

<<  D|Sを使ってみて思ったこと  |  ホーム  |  これが本当のIBL  >>

コメント

DAZのインストーラはTarget ApplicationをPoserでは無くDAZ Studioを選択すれば好きなところにインストールできます。

DAZ Studio用コンテンツは通常インストールフォルダcontent以下にインストールされます。そのcontentフォルダ内にRuntimeフォルダもあります。
インストールされるコンテンツの場所はインストール終了後に表示されるReadme(HTML)ファイル内に記述されています。ブラウザのアドレスバーにそのReadmeのHDD内の場所も表示されているはずです。

V4 EliteシリーズのDS用マテリアルはPoser用と同じ場所(RuntimelibrariesPoseDAZ's Victoria 4MATerials V4 Elite)にあると思います。

  1. 2011/07/04(月) 00:27:12 |
  2. URL |
  3. T2 #-
  4. [ 編集]

T2さん、わざわざありがとうございます

うーん、D|Sのインストールフォルダ以下に、通常はコンテンツをインストールするのですね・・・・

ずっと、マイドキュメント以下にインストールしていました 私ゃアホですねえ

PoserのRuntimeにインストールしてあるV4エリートのMATポーズ自体がマテリアルフォルダにインストールされている時点で、私のインストールの仕方がおかしいのかもしれません

ではでは
  1. 2011/07/04(月) 02:11:45 |
  2. URL |
  3. DAD #-
  4. [ 編集]

大事なことを忘れていました。D|S用のコンテンツはPoser用とは別にインストーラが存在します。Eliteシリーズも同様ですので、Poserだけを使っていた人はインストールしていないと思われます。だから見つからないのかも・・・(;´▽`A``
  1. 2011/07/04(月) 21:42:31 |
  2. URL |
  3. とうふ #-
  4. [ 編集]

ありました・・・・

ダウンロードをリセットしたら、V4 Elite Texture: Lana -DSがNeverになっていました

多分、原因はこれでしょうねえ うへへへへ

長いことすいませんです

他のも、D|S専用は落としていない臭いです でも、確認の方法が・・・

ではでは
  1. 2011/07/05(火) 18:28:22 |
  2. URL |
  3. DAD #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら

DTIブログって?

close