無料
エロ
動画
容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

見切り発車でGo!

  1. 2011/04/02(土) 21:34:25|
  2. D|S3|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4
普通に遊んでいるように見られているのならば光栄です 自主規制とか自粛っていうのが大嫌いですから そんな事する位なら、最初からやらない方がマシです

でも、心情は全く違います 震災以降、まともなエロレンダリングができませんから


まあ、それはさておき

まずは、とうふさんに厚くお礼申しあげます

とうふさんに、D|SはPoserのRuntimeがそのまま使える事、フリー版でもスクリプトとプラグインが使える事を教えていただきました それがなければ、一生D|Sは触れる事はなかったと思います

同じツールを持っていたって、その人と同レベルのレンダリングが出来るわけではないのは百も承知です 大体、Poserですらダメダメな私ですから

とはいえ、やっぱり何でも実際に自分でやってみないことには、成功であれ失敗であれ、何も先には進みません 失敗したら、それはそれで経験として残るし、それを踏まえて進んでいけばいいのではないでしょうか


というわけで、D|S3フリー版(32ビット限定)をインストールしました

私としては、使い慣れたPoserでシーンを作り、D|S3でそれを読み込んでレンダリングしたいと考えていました

そのやり方

。丕錚鵤紕鬚離掘璽鵐侫.ぅ襪鯤歛犬垢訌阿法∧埆検箚超設定>その他の外部バイナリモーフターゲットを使用のチェックを外しておきます



Morphs++やマグネットなど、オブジェクトの変形を行った場合、その変形させたオブジェクト自体を含んだPoserのデータでないと、D|Sでは正確に読み込めないからです

ただし、シーンファイルのデータ量は相当大きくなってしまいます

■|SにPoserのRunTimeを全て認識させます Edit>Preferences>Directories>Addをクリックし、Runtimeを含むの上位フォルダを指定します 同様に、外部ランタイムも全て追加認識させます



Fire>ImportでD|SにPoserのシーンファイルを読み込みます




現在、私はD|Sの使い方が全くわかっていません 現時点でのD|Sの使用感など

シーンファイルの読み込みは、メッセージやパラメータが表示されるので、読み込みに時間がかかっても、Poserでの「これ、固まってんじゃねえの?」的なイラつきは感じませんでした

デフォルトでレンダリングしたら、とっ速いです 私のPCは初代エラッタ付きのフェノムなのですが、CPU使用率は一気に100%に達し、それが最後まで持続しました これがPoserだと、すぐに25%=1コアのみ使用になってしまっていました

タグ+ツリーの表示でシーンのパーツやオブジェクトの選択、Poserでいうところのライブラリでの選択がやりやすいです

試しにV4を少し動かしてみたところ、かなり軽く感じました(私のグラボは7600GTです)

D|Sはレンダラに特化したソフトだから、軽くて速くて使いやすいのでは? と思いました

つまり、Poserでシーンを作って、それをD|Sに持ち込んでレンダリングする、という当初の目的は破棄し、今までのPoserのRuntimeを使って、新たにD|Sでシーンを作れるべく、D|Sの操作を会得すべき、と思いました

Poserのライブラリに保存したモーフを使って改造したフィギアは、D|Sではちゃんと読み込めませんから、それは上記のやり方でカバーすればいいのではないでしょうか


参考にさせていただいたところ

DAZSTUDIOで遊ぼう

操・活・解

豆腐アラモード


おまけ

D|Sのフリー版は32ビット限定ならば、今のWindowsXP+ソケットAM2+(フェノム僑6対応ですが、世代的にはその前のAM2用チップセット「680G」マザー!)のPCの強化もしてみたいと思います

どうせ自作は趣味ですから

ではでは

<<  底辺街道、驀進中!!  |  ホーム  |  まあ、なんつーか  >>

コメント

D|Sデビューおめでとうございます。
つい先日、Advanced付属のUberSurfaceが無料化され、フリー版も日数制限なしで使えるようになりました。フリー版だけでもかなりの表現ができるようになりましたし、とても良いタイミングですね。
D|Sを使った作品を期待してます。(´∀`*)
  1. 2011/04/04(月) 22:39:29 |
  2. URL |
  3. とうふ #-
  4. [ 編集]

ええっ? フリー版って、日数制限あったんですかあ ・・・知らなかった! それでは体験版? うーん・・・・ あえて32ビット版でやってやろうかと思っていたのですが

D|S専用のRuntimeを作りたいのですが、HDDの容量が全く足りません あの、何百時間もかけてセッティングを出したビデオのエンコードのデータをすべて消し去りましたが

気長にお待ちくだされい!

ではでは
  1. 2011/04/05(火) 18:50:02 |
  2. URL |
  3. DAD #-
  4. [ 編集]

いえ、実はフリー版でもShaderMixerやUberEnvironment2のようなAdvanced版の機能も30日間限定で使えるのです。インストール後30日が過ぎるとこれらのプラグインの期限切れを知らせるダイアログが出ると思いますが、基本機能はそのまま使えるので無視して使ってて問題ありません。(´∀`*)

ランタイムはHDD容量を食いますよねー。私の場合は一度間違ってフォーマットしてしまって泣きをみたことがありまして、同じ失敗をしないようにと7000円で買ってきたUSB外付けHDD(1.0TB)に突っ込んでます。・゚・(ノ∀`)・゚・。
  1. 2011/04/06(水) 01:03:14 |
  2. URL |
  3. とうふ #-
  4. [ 編集]

情報、ありがとうございます 私の勘違いで、とんちんかんな応答をさせてしまって、申し訳ありませんです

私はパスが通らなくなるのが怖いのでRuntimeの移動は行っていませんが、セーブデータの移動はしかたなくやっています
多分、DCのシュミレーションデータは意味をなさなくなっていると思われます 無念です

ではでは
  1. 2011/04/06(水) 21:49:40 |
  2. URL |
  3. DAD #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら

DTIブログって?

close