無料
エロ
動画
容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

やっと出来た(泣!)

  1. 2012/05/31(木) 20:02:02|
  2. D|S|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
室内レンダリングで、照明器具代わりの天井からのライトがずっと上手くいっていませんでした
正直、扱いやすいディスタントライトを使いたかったのですが、問題がありました

これはディスタントライトをシーンの真上から当てたもの
室内がレンダリングされているので、ライトはは天井のオブジェクトを透過しているのがわかります
しかし、ライトの影をオンにしていませんので、フィギアの影が床に落ちていません



次にライトの影をオンにしてみます
天井の陰が発生しますので、室内は真っ黒になります



これを解消する為に、天井のオブジェクトを外してしまえというアドバイスもいただきましたけど、それじゃあ下からカメラを煽った時、天井が無くてもでいいんでしょうか・・・?

ふと思ったんですけど、UberIBLにしろ、とうふさんのCreateEnvSphereにしろ、ディスタントライトはシーン全体を覆う球体の外から照らすはずなのに、ディスタントライトの影をオンにしても、球体の影がレンダリングされる事はありません
もし、球体の影がレンダリングされてしまっては、ただ真っ黒になるだけです
しかしそうはならずに、球体内部のオブジェクトの影はちゃんとレンダリングされます(また、球体に貼り付けられたテクスチャもちゃんとレンダリングされています)

これを完全密封の室内の天井に使えたらベストなのになあ、と気が付きました

・・・ああ ありましたよ、そのパラメータが!

CreateEnbSphere出作った球体のパラメータと室内プロップの天井のパラメータを見比べたところ、ジェネラル>ミスクのキャストシャドウズをオフにすれば、そのオブジェクトの影はレンダリングされないって事がわかりました

天井の陰がレンダリングされないのでちゃんと室内にライトが当たりつつ、フィギアの影は床にちゃんと発生しています





でもでも結局、何かすっきりしゃっきりしないダルくて眠たいレンダリングですねえ・・・
これが私の限界なんでしょうか とほほ

ではではっ!

<<  そーいやさ  |  ホーム  |  違いのわからない男  >>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dad.dtiblog.com/tb.php/264-ad110836

DTIブログって?

close