無料
エロ
動画
容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

D|Sを使ってみて思ったこと

  1. 2011/06/21(火) 23:24:08|
  2. LuxRender|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
Poserのフィギアやプロップが使える、というだけでは、D|SはPoser互換とは言い難いと私は思いました

Poser独自のマテリアルノード(環境マッピングっていうのかな)は当然D|Sにはありません
よって、擬似的な金属の反射や光沢などは当然再現できません
PoserのデータをD|Sで読み込んだ時点で、マテリアルの再セッティングが必要になりますね

D|Sでレンダリングされた作品を、D|Sを使ったことがない私は何気なく見ていましたが、実は作品としてレンダリングできるまでの手間は、フィギアやプロップを単純にPoserで使ったものの比ではなかったんですねえ

といって、Poserを使った凄い人様の作品は。やはり手間をかけてマテリアルを調整されていますけど

何が言いたいのかというと、D|SをPoserの外部レンダラと認識しなおせば、それは大変よく出来た外部レンダラということです
普通、レンダラにはウィンドウもなければ、セッティングはテキスト形式で記述するものだと思っていますから

まあ、自分ではD|Sを楽しんでます
PoserのデータをD|Sに読み込んだ時点でマテリアルは失われているわけですが、どの道LuxRender用にマテリアルを適応させ直さなければいけないわけですし

やってみなけりゃ何も始まりませんし、やり続けていかなければ経験は詰めませんし

私はPoserでは目指すレンダリングは出来ませんでした
私が同じD|SやLuxRenderを使ったところで、凄い作品を出している方々並みのレンダリングが出来るとも思っていませんが
それはPoserも同じこと

でも、止めない



そんな感じです へへへ

ではでは

<<  とうふさんのLuxRender  |  ホーム  |  未だ、発見できず  >>

コメント

がんばってますね。応援してます。ヽ(´ー`)ノ

Poserとの互換性で最も目に付くのは、おそらく光沢とバンプだと思います。Poserとは計算方法が異なるので見た目が変わってしまうのですが、拙作のFixGlossinessAndBumpスクリプトで自動補正できます。このあたりは操・活・解さんで詳しく解説されていますよ。

ちなみにD|Sの環境マッピングはReflectionにテクスチャを貼るだけで実現できます。要するにPoserとは方法が異なるだけで、他のパラメータにしても意外と相違点は少ないのです。シェーダーツリーでガチガチにカスタマイズされたマテリアルは無理ですけど。(;´▽`A``
  1. 2011/06/22(水) 22:35:43 |
  2. URL |
  3. とうふ #-
  4. [ 編集]

いやまあ・・・

本当は使わせてもらっているこちらが応援せにゃならんところですばお!
私には知識も技術もないもので、いつも質問に答えていただいてばかりで、本当に申し訳ないと思っておりますばお・・・

Kotozoneのブログも参考にさせていただいているのですが(とうふさんの名前は、操・活・解にコメントされているのを相当昔から知っていました)、連動されているのは見落としていたようですね とほほほ

ではでは
  1. 2011/06/23(木) 03:50:03 |
  2. URL |
  3. DAD #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dad.dtiblog.com/tb.php/213-87d918a6

DTIブログって?

close