無料
エロ
動画
容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

Pose2Lux始末記

  1. 2011/06/20(月) 13:26:59|
  2. LuxRender|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
P8Jの英語化を、とうふさんのブログへのコメントで書かれた方がおられました 私はP7Jですが、やってみました

Poserのインターフェイスは完全に英語化されませんでしたが、中身は英語化されているようです
勝手に日本語化されるマテリアル名も英語でした これで、P7JでもPose2Lux経由でLuxRenderが使えるようになります
ただし、ライブラリに日本語で登録したものは文字化けします 下手するとパスが通らないかもしれません
あくまで、自己責任で行うべきです

私はCドライブとは別にP7Jをインストールして、それを英語化してみました
Poserは違う場所にインストールしても、設定ファイルは同じものを参照します また、後からインストールした方を優先にします
不都合が出るし(日本語版SR3と英語版SR3はバージョンが違うので、起動するたびにエラー表示が出ます)、削除が面倒なのはわかっていました

案の定、後からインストールしたPoserを削除しても、Poserを起動するたびに不愉快なエラー表示が残りました

LuxRenderDSで出力してLuxRenderで読み込めないシーンファイルがありました このファイルは、Pose2Luxで出力すると、LuxRenderで読み込めます

正直、この時点ではPose2LuxとLuxRenderDSの併用を迷っていました

P7Jの英語化、異なるディレクトリへのPoserのアンインストール、クリーンインストールとRuntimeの再構築を何度か繰り返しているうちに、誤ってTY2専用のRuntimeを削除してしまいました
自前のオブジェクトとかテクスチャがありましたから、シーンファイルの読み込みは、もう無理ですね
まあ、残念です

ではでは

<<  何でなのでしょうか?  |  ホーム  |  とうふさんのLuxRender  >>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dad.dtiblog.com/tb.php/211-42309724

DTIブログって?

close