無料
エロ
動画
容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

うげげっ

  1. 2011/05/10(火) 21:58:42|
  2. Poser ライト|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
真にすいませんっ!!!!

ライトは無限光もポイントライトもスポットライトもオブジェクトを透過できましたっ!
本当に申し訳ありませんでしたっ!!!!

試したところ、
ヾ袷缶封の室内のシーンでは、カメラは室内に置かなければ駄目
影をつけたい場合は、ライトを室内に置かなければ駄目
が、正しいようです

室外にライトがある場合、そのライトの影をONにすると、外から部屋のオブジェクトを照らした時の影が、全て室内に投影されてしまいます
とうふさんのご指摘のように、無限光はカメラの位置からではなく、無限の位置から照射されています
よって、光源の位置を室内に設定できない無限光で影をONにすると、外側からの光が作る部屋のオブジェクトの全体の影が室内に投影されてしまい、真っ暗なレンダリングになってしまうのです

ひ〜っ・・・
だから、基礎を知らない人間は駄目なんだああ
でも、影をONにしなければ、完全密封された室内のシーンでも、無限光が使える事がわかりました
これでちょっと前進です へへへ

多灯ライトは買ったもので試したことがありますが、制御が難しすぎて放棄しました
面倒くさいのが大嫌いで、物事は出来るだけ単純にやりたい その為の試行錯誤はする、が信条です
例えば、カメラ正面でライトのセッティングを出したら、構図を決めるのにカメラを動かしたとき、ライトも自動的に補正してくれたらなあ、とか考えてるな人間なのです

IBLを使えばシーン全体の明るさは一発で決められます
全外がぼけた感じはいいんですけどねえ
環境マッピングの反射は出ないし、光源からの影もつけられないですし

で、
今回の目標は、IBLを使わずに、室内全体ののシーンは暗くならず、それでいて壁は白飛びさせず、更にフィギアを際出させるライトにしたいなあ、と

話はそれますが、
前にも書きましたけど、私は思い込みが前提に来て、そこから屁理屈を進める癖がありますので、キチガイ間違い勘違いは、どしどし指摘していただきたいです
正直、指摘されればショックはありますけど、それは馬鹿な自分の為と思っています
今回の場合、同じ背景プロップを使った以前のレンダリングでは、裸電球のようというご指摘を受けましたので、そのリベンジでもあります
繰り返しますが、こーゆうずばっと端的な指摘は、自分としては新たな挑戦につながりますので、大歓迎だったりします
TY2時代で言えばPEBのnemoさんがそうだったし、今回のはmixturesweetさん あ〜な〜た、でっすね!(今回だけじゃ、ねーよな!)

前回のレンダリングの続き
フィルライトの無限光x2+横からのバックライト代わりのポイントライトはV4に合わせた為、背景用プロップが激しく白飛びしてしまっています
具体的には、左側の襖や盆栽の後ろの壁のテクスチャが飛んじゃってます
実は、とうふさんとrobotomyさんからコメントを頂けた前までは、これで納得しちゃっていたりします(つまり、更新は一回飛んでおります)
コメント、ありがとうございます!!



照明代わりのポイントライトだけでは床が暗いので、無限光を天頂に設置
この2つは固定にして、バックライト代わりのポイントライトは止め、その代わりに無限光x2だけでシーン全体の陰影を決める為、各ライトの強度を調整
で、出来たのがこれ



ポイントライト
室内シーンのプロップやフィギアの影を発生させる為の照明代わりのライト
位置は天井中央に設置
強度50
影有り(レイトレース影の濃度と精度はお好みで)
背景プロップの天井にペアレント
基本的に動かしません
注:ポイントライトはライトコントロールでの移動による角度はプレビューに反映されますが、レンダリングには無関係です ポイントライトの位置を決めるには、フロント、サイド、トップカメラといった角度が固定のカメラでドラッグするか、パラメータのxyz移動で行います

無限光1
今回のポイントライトでは床まで届かない光量を補足させる為のライト
x回転−90 y回転とz回転は0で天頂に設置
強度30
影無し
基本的に動かしません
レンダリングの陰影に厚みを持たせたかったので、AOはONにしてあります(お好みで)

無限光2と3
補正用のライト
ともに強度50(お好みで)
影無し

照明代わりのポイントライトと無限光1は動かさず、無限光2と3は自由に動かして、好みのレンダリングになるようなライトのセッティングを出してみました

構成はこんな感じです

ライトのセッティングに疲れましたので、次は別ネタで へへっ

ではでは

<<  IBL抜きで室内レンダリングに挑む  |  ホーム  |  ひゃあ、わっかんねえ!  >>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dad.dtiblog.com/tb.php/192-4abc9cd9

DTIブログって?

close