無料
エロ
動画
容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

V4用ブーツをジェネシス用に変換する

  1. 2013/01/28(月) 14:54:53|
  2. D|S4.5|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
何でこうなるのかわからないのですが、上手くいった手順がわかればそれでよし
基礎もテクニックもノウハウも無い人間のくずは、試行錯誤するしかない

。孱乾屐璽弔鬟献Д優轡考僂縫灰鵐弌璽箸靴燭い里如▲献Д優轡垢錬孱乾轡Дぅ廚砲靴泙后。孱乾屐璽弔魯献Д優轡垢肪緲僂気擦覆ち任両態で、太腿以下のパラメーターでジェネシスに合うようにします



▲掘璽鵐織屬妊献Д優轡垢鯣麌充┐砲靴董■孱乾屐璽弔鬟ブジェクトを、ファイル>エクスポート>オブジェクトで適当なフォルダに書き出します 私は、マイドキュメント>DAZ3D>Studio3>コンテント>Runtime>ジオメトリー以下にしました



△能颪出したV4ブーツオブジェクトを読み込みます



kotozoneさんの記事を参考に、V4ブーツオブジェクトをトランスファーユーティリティーでジェネシス用に変換します
・ソース:シーンアイテム>ジェネシス+アイテムシェイプはモーフ>ビクトリア4を選択
・ターゲット:シーンアイテム>V4ブーツオブジェクト
・プロジェクトテンプレート:ブーツ
・リバースソースシェイプフロムターゲットにチェックを入れる
・スムーズモデファイラーの使用にはチェックを入れない



何故か、ジェネシスがはみ出ちゃいます



ブーツをジェネシスに着用させないとはみでません



何でこうなっちゃうのかわかりませんし、以下解決策を見つけましたけど、どうしてちゃんとなるのかもわかりませんので・・・

ズ討咼肇薀鵐好侫 璽罅璽謄リティーを起動します ソースはジェネシス、ターゲットには一度変換したブーツを指定します
そして、プロジェクトテンプレートは何も選択しないで変換すると、なぜかブーツはちゃんとジェネシスにフィットするようになります



ではでは

そ〜なんですよ、かわさきさん!(ザ・ボンチ「恋のベンチシート」より) −エリートHSSがやっとDADに来た日− と、D|SでのCtrlキーの使い方について

  1. 2013/01/08(火) 23:51:54|
  2. D|S4.5|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:2
やっぱり、私のダウンロードしたデータを保存してあるフォルダには、エリートHSSの実行フォルダはなかったです

自作PC=ウィンドウズのくせして、Mac用データとかもダウンロードしていたり、Dazで購入したデータもダウンロードは初期の段階だったとはいえ、参考させていただいているブログを流し読みしている、ちゃんと読まない私が全面的に悪いです

また今回のことで、私DADというPoser上がりの似非DSユーザーが、如何にPoserというフォーマットに染まっていたかと痛感しました
別にPoserを非難しDS万歳とかはいってません 一々面倒臭いけど、念のため!

酔っ払った勢いで ってのが、この人間のくずの免罪符だったのですが、それに恥も外聞もなくと付け加えさせていただきたく

蛇足ですけど、Poser使いさんやDS使いさんのブログやツイッターやそこに寄せられる他の方々のコメントを読むと、主題の記事並みに参考にさせていただける重要な情報があると私は思います

まあそれで、粘着質だのストーカーだと公の場でいわれちゃうんですけどね はははははは
だから私は、もうコメントやメッセージを人様に送る、GBBSへの投稿はは結構前からやめております
逆に私がコメントやメッセージを送ったら、それはそれなりの覚悟があってのことと察してくだされば幸いです

じゃあ気を取り直して、本題いってみましょうかああああああ!

個人的な前提として、私のM5ちんこのバージョンは1.2ですので、すいさんの記事のやり方は使えません
M5ちんこがが1.3にアップグレードできる方は、すいさんの記事を参考したほうが懸命だと思います

大前提としまして、私が如何にジェネシスでレガシーアイテム=Daz4系アイテムを使えるかってがあります
V5まんことM5ちんこ用マテリアルも用意されていて、私が買ってもいいって思えるキャラクターセットがバンバン発売されている状況なら、別にこんな事ぁ書かなくてもいいんですけどね へへへへ

マテリアル=テクスチャ+シェーダー
私が思うテクスチャとは、メインのテクスチャとバンプや透明度のテクスチャも含みます
シェーダーとは、基本色と各パラメーターだと私は思います



この糞レンダののフィギアの構成とテクスチャとシェーダー

・ジェネシス:Daz4系の肌テクスチャ、シェーダーも使用可
・とうふさんのジェネシス用まんこ:Daz4肌テクスチャ、シェーダーも使用可
・M5ちんこVer1.2:M5ちんこ用の肌テクスチャしか使えない

ここで注意
なんでとうふさんのジェネシスようまんこをジェネシスとM5ちんこの間に挟んでいるのかというと、M5ちんことジェネシスの接合部分を不透明度のぼかしで誤魔化しているから
M5ちんこ(V5まんこも)をジェネシスに着用させただけでこれをやると、ジェネシスの腰部が自動的に一部透明になってしまうから、その穴埋めに遣わさせてもらっています

ジェネシスの肌テクスチャはまにほにさんのM4用アッシュとゾーイ
とうふさんのジェネシス用肌テクスチャは、上に同じ
M5ちんこは、肌テクスチャをアッシュとゾーイに合わせて色合いを変えてあります
シェーダーは、M5のSSSをそれぞれに適応させてあります



エリートHSSをジェネシスととうふさんのV5まんことM5ちんこに適応させたもの
因みに私は、PoserでもD|S上でもLanaエリートマットってのを初めて見ました

う〜ん・・・、やっとkotozoneさんのキャプションにあるような肌になりました!
赤みが買った肌は、ディフューズカラーの変更で調整が聞くはずです
それより何より、肌に光沢が出ているのがうれしいです
面倒臭いんでレンダリングで確かめていませんけど、瞳の光沢も出ているはずです



やり方は、
.掘璽鵐織屬妊献Д優轡垢鯀ぶ
▲灰鵐謄鵐張薀ぅ屮薀蝓爾韮味瓧遑瓮┘蝓璽肇泪奪箸髻◆悖達遙鬘譽ーを押しながらダブルクリックで適応』
マテリアルプリセットのオプションは、サーフェースがオール+マップセッティングがイグノに変更してでアクセプト

さてここで、気がついたことというか、ずっと勘違いしていたことを訂正したく申し上げたく

D|Sのマテリアルプリセットって、Poserのマットポーズとイコールなんじゃないでしょうか
でも、シーンタブで対象を指定して適応させるとき、『Ctrlキーを押しながらダブルクリックで適応』すると、

・対象とするフィギアやオブジェクト、それらの子パーツはシーンタブで指定できるから、選択しているオブジェクトのマテリアルのみに適応させられる
・テクスチャはそのままで、シェーダーのみ適応させられる
みたいです

ずっと、『Ctrlキーを押しながらダブルクリックで適応』させられるのって、シーンタブで対象フィギアを指定し、更にサーフェースタブで対象マテリアルを指定して、そのマテリアルのシェーダーのみ変更できるのだと勘違いしていました

今回の場合ですと、Lanaエリートマットの中には肌マテリアルだけでなく、目や唇や爪やその他のマテリアルが入っているわけです
D|S上でジェネシスにPoser用キャラクタープリセットのマットポーズを当てても、シェーダーはD|S用でありませんので、ろくなレンダリングンダになりません
しかし、全マテリアルに対してちゃんとシェーダーがセッティングされているD|S用、ジェネシス用マテリアルがあれば、シェーダーのみの一括返還は可能なんですね

試してみたところ、Poserフォーマットのキャラクターセットのマットポーズではシェーダーのみの適応は出来ませんでした
じゃあ、一々高っかいエリートに金出さなやあならんの? って言われれば、それも私は結構ごめんなんですよう・・・
じゃあ、よりリアルな肌のしわのバンプマップは無しでもOKという前提での解決案

D|S3フリーと4.5付属の低解像度版のV4用エリートLanaのシェーダーは製品版と同じはずです
なので、
々イ澆裡丕錚鵤紕鰺傳孱乾ャラクターセットのマットポーズをV4やジェネシスに適応

このままではフィギアは、間違いなくD|Sではろくなレンダリングになりませんので、

■|S付属の低解像度版Lanaエリートマットの、「シェーダーを上記のやり方で適応させる」
のが、お金をかけないベストのやり方なんじゃないでしょうか・・・

読んでると面倒臭そうですけど、わかっちゃえば後は慣れというか、手順を踏むだけですから・・・
でまあ、そのD|Sの原理を理解していない俺ガイルなわけなんですがね へへへへへ

この、『Ctrlキーを押しながらダブルクリックで適応』=対象やプリセットの内訳を選択できるってのは、他のプリセットでも使えるんじゃないかと思いました

D|S4.5にはジェネシス用全身ポーズ、V5やM5にも全身ポーズが多数用意されています
しかし、手のポーズが何故かないです

適当な全身ポーズ+適当な手のポーズ>適当に破綻しているところを調整してレンダリングしている人間のくずとしては、Daz4系の全身のポーズをジェネシスに当てると指がおかしくなっちゃって困ってるんですね(蛇足ですけど、P7フィギアのポーズは指も含めて、かなりいい感じでジェネシスにマッチングします)
一々指の関節全部洗いなおして微調整するのは面倒臭いです
逆に、なんでD|S4.5=ジェネシスでは指のポーズがないんだろうかって考えてみるとですね、DADの解釈ですが、それはD|Sの機能で何とかしろって製作者が言っているように理解しました

ジェネシスに他のポーズの指のパラメーターを適応させてみました
やり方は、

‥当な全身ポーズ(ジェネシス用以外でも可)を当てたジェネシスに、シーンタブで対象ハンド以下の指をCtrlを押しながらクリックして複数選択



▲好沺璽肇灰鵐謄鵐弔如適応させたい指を持つ全身ポーズを『Ctrlキーを押しながらダブルクリックで適応』
このとき開かれるポーズプリセットロードオプションで、ノードはセレクト、プロパジェーションはセレクトオンリーに変更 >アクセプトをクリック



これでジェネシスの左指だけ、スマートコンテンツのポーズからの適応が可能になります



ではでは

蛇足なのだ

嗚呼、可笑し過ぎる!
V4のハイヒールをオートフィットツールでジェネシス化すべく、V4で調整しているのですが、売り物によっては上手くいかない理由がやっとわかりました

V4に着用させても、はみ出るハイヒールがあるってこと
これをD|S上でいくらV4いじって、ハイヒールの形状を変えてみたところで、元々はみでてるハイヒールがオートフィットツールで上手くジェネシス化できるはずはない
元々V4に着用させても、V4がはみ出ちゃうのだから!!

何か、売り物は完璧であるという日本人の感覚に染まっていましたね 私が
そりゃあ、上手くいくはずありませんて
売り物のってのは、海外製と日本製のデータのどっちもです・・・(因みに、日本製のほうがひどかった)

ああ、そうだったのねえ・・・ ぐはっ

  1. 2013/01/06(日) 20:02:27|
  2. D|S4.5|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
吐血するほどショックなことに気が付いた2013年初頭、あけましておめでとうございます

今更かよって突っ込みはさておき、私12月29日から1月3日まで仕事がないんで休んでおりました
でまあ、ふと思ったんですよう 酒が好きなら、朝から晩までずっと酒だけ飲み続けてみるのも悪くないなあ、と

やってみました
といっても、飲んだのは発泡酒だけ 焼酎やウィスキー飲んじゃうとその日1日使い物にならなくなっちゃうんで

ロング缶4〜6本を飲みながらD|Sで色々試したかったことをやって、眠くなったら寝る これを1日4セットぐらいですかねえ
飯食ったのは、30日と2日の2回だけ 家を出るのは、コンビニに発泡酒とタバコを買いに行くのと隣町のネットカフェに行くだけ

でですね、体重67.5キロから64.5キロに減少 念願の65キロ切です!
と思ったのもつかの間、4日に仕事に出て3食食べてみたら67キロに戻ってやんの とほほです

まあ、これで体重の落とし方とかわかってきたんで、ちょっと楽しかったです ははははは



ジェネシス用には、服と肌テクスチャーは専用のものを買った方がいいという結論に傾きつつあります
久々にDaz見たら、よさ気な服が結構出ていたし

しかし、肌テクスチャーはねえ・・・
なんでDazでの売り物で、P9・PP2012レンダ(=PoserのSSS)がメインでキャプションに使われちゃってんでしょうかねえ
ちゃんとP9・PP2012のSSSって書いてあるのは良心的です

しかし、こんなことはこの人間のくずがいえた義理ではありませんが・・・
D|S向けシェーダーをちゃんと同梱してくれているものもありますが、P9・PP2012と比べるとキャプションのレンダリングがあまりに魅力に乏しいって思うのは私だけでしょうかあ・・・

初めはV5まんこM5ちんこ用テクスチャも同根されているキャラクターセットって何かないものかと探していたのですが(ないみたいです・・・)、D|S向けにエリートヒューマンサーフェースシェーダーをベースにしているというらしき記述のキャラクターセットを発見!

・・・って、え?

V4用エリートテクスチャは持ってるんですけど、ずっとD|Sでレンダリングが上手くいってませんでした
Poserでもどうしようもなかったんですけど、D|Sだと更に輪をかけてです のっぺりしちゃうんですね
Poserではエリートテクスチャはマテリアルの中に入っていて、マテリアルにはPoserの環境マッピングを複雑に施されたシェーダーが盛り込まれていました

ところが、D|Sではテクスチャーしかないんですね
途中でシェーダーがないのがだめだってことに気が付いて、Uberサーフェースを試してこけて、結局V4のシェーダーを適応させたのであります

私がろくでもないレンダリングを連発するのは、どう考えてもちゃんと読まない私が悪い!!

はい、その通り
エリートヒューマンサーフェースシェーダーって、売り物だったんですね
エリートテクスチャに同根されていなかったんですね

うわあああああああああっ!
ってなことに、今頃気がつきました
・・・・・・はっきりいって、私ゃアホです!(といって、エリートヒューマンサーフェースシェーダーを持っていたからといって、この人間のくずの糞レンダが上手くいくかどうかっていうのは、これまた別の話なのは、重々自覚済みであります!)

というわけで、今更V4用ですが、エリートヒューマンサーフェースシェーダーは買うべきなのかもしれません
それと、kotozoneさんが紹介されているGD|S4.5用SSSもですか

どうりでD|Sマスターに何度も、V4エリートテクスチャという製品について同じ質問をしてみちゃったりして、話がかみ合わなかったわけですな はははははは

・・・何か、色々すいません!

さて愚痴
M5にはプリセット一発でSSSやバンプの適応が出来ます
V5にはバンプ用、SSS用テクスチャーが用意されているようなのですが、プリセットがありません

なにこれ?

ついでに言うと、V5のメイクアップのプリセットを適応させると、どう見ても顔のテクスチャは首以下のそのままのテクスチャとマッチしていないんですけどねえ・・・

・ジェネシスには適当なキャラクターセットの肌テクスチャーをあてて、別売りのシェーダーセットを当てる
・背景プロップにはUberサーフェースを当てる バンプのパラメーターがゼロになっちゃうんで要調整(とうふさんのスクリプト、フィックスグロスアンドバンプが使えないのは、私には相当痛いです!!)
・髪はレンダリングしてみて、Uberサーフェースを当てるかどうか決める 好みの問題大有り 調整はkotozoneさんの記事を参考

面倒臭いのが嫌いなんで、D|S4.5でのシーンにシェーダーを当てる手順の目算が付いたのなのかなあ だったらいいなあ

蛇足のだ とほほ遍!

ついでに、女ジェネシスのプリセット用にバンプやSSS用テクスチャーがあるのではないかと調べてみたところ(結論から申し上げますと、そんなものは当然の如く存在していませんでしたよ)
、驚愕っつーか、文字通り顎が外れるほどべっくらこきました

女ジェネシスの肌テクスチャーは、D|S3フリーに同梱されていたエリートテクスチャーLanaの低解像度版でした
そう! 私が大枚はたいて買ってみたものの、全く使い物にならなかったのがエリートテクスチャーLanaそのものであります!

そりゃあ、Dazの製品リストから落ちているわけだよねえ・・・って、オチがついたところで へへへへ

ではでは

正月早々核の違いをまざまざと見せ付けられちゃったのさって話しなのさ

  1. 2013/01/03(木) 20:15:13|
  2. D|S4.5|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2


まああれです
エ炉専門レンダのDADからエ炉を取っちゃったら、ただのへったくそなレンダリングしか出来ない人間のくずしか残りませんねえ

う〜ん・・・!
私としましては、エ炉レンダの男優には彩文をあきらめてV5に移行すべく、マスクの調整を行ってきたのですが、とうふさんの祭文見せつけられちゃねえ
同じソフト使ってて、個性が出るってのは面白いと思ってますけど、明らかに格が違う!

まああれだ
嫉妬こそが我が原動力なんすよ 刺激的な作品、上等でございます!(レンダリング上げてくれないと、私がつまんないからおさらばしちゃいますよ〜・・・)

話を戻すと、kotozoneさんの記事を参考に、UberIBLにsIBLの背景画を当てて、更に背景プロップもシーンに入れてみました

面白いなあと思った点
私、背景真っ白のスタジオ内風レンダリングの場合、背景無しのUberIBLベース+ディスタントライトx2でレンダリングしています まあこの場合、UberIBLは単なるAO要因に過ぎません
ところが、UbeIBLに背景画像をセッティングするだと、ライトのセッティングを変えなくてはならなくなりました
更に背景プロップをシーンにぶち込むと、これまた更にライティングの変更を余儀なくされました

・・・多分私が思う凄い人たちって、ちゃんとシーンによってセッティングを出しているんだね へへへへ
この人間のくずが言うまでもなく駄目なやつですよう、私ゃ!!

さて気を取り直して、このV4用ボディスーツはTY2と決別してCBに突入したとき、同時にV4も何とかならないかなと思って購入してみたものの、V4にポーズをとらせると破綻が凄くて使いこなせなかった逸品!

それがD|S4.5のオートフィットツールとスムーズモデファイラーのおかげで、はいこの通りでございます
ストッキングはジェネシス用の別売りの代物であります

更に蛇足のだ、もとい蛇足なのだ

D|S4と4.5では互換性がかなり低いと見ています 人間のくずの気のせいか?
その割には、Daz4系フィギアのコンテンツを引きずってますから、D|S5に一応個人的に期待

D|S4.5は使いづらいです
その一例として、なんでプロパティープリセットがあるのに、なんでキャラクタープリセットやマテリアルプリセットやポーズプリセットがあるんだろう
機能が重複している、整理されていないってのが一々むかつくわけなのですが

V4シェイプはやっぱりV4もどきでしかなくて、てめえの腐れV4キャラの移植はあきらめました
といって、ジェネエボモーフの貧弱なパラメーター類では、顔の調整もままなりませんが

しかし、ジェネシスの表情は結構いいと思います
見た目にも形状的にも破綻が殆ど起きないのは秀逸
大体、大枚はたいたV4A4評定衆は使い物にならなかったし、調整するにしても膨大なV4系表情モーフを調整しなけりゃなりませんでしたから、私は放棄しましたね

では、恒例のテストレンダの垂れ流し
ジェネエボモーフにはキッズが入ってますけど、V5まんこM5ちんこが追随しませんのはロリポ対策と思われ

ではでは

















ちょっと、なんだかなと思う

  1. 2013/01/01(火) 18:38:47|
  2. D|S4.5|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0


端から、Poser用データはD|S用にシェーダーが調整されていないから苦労しているわけなんです
これがD|S4.5になると、Daz4系のデータがジェネシスで使えるってのも売りの一つのはずなのですが、そりゃあやっぱり一撃必殺ってわけにはいかないんで、更に苦労してるのであります

まあ、あんまりお金をかけたくないってのがありますから、なんとか手持ちのDaz4系アイテムをジェネシスで使いまわしたいなあと思っています

面白いもので、V4のブーツ(ハイヒール)をジェネシス用に変換しようとした場合、オブジェクトとして爪先立っているものと関節で爪先立たせてあるものがあるんですね
とか、GenXでV4のインジェクションファイルを指定してV4のモーフをジェネシスに仕込む場合、そのインジェクションファイルが読み込めないマットポーズ(キャラクタープリセット)が読み込めないものがあります
また、Poser用キャラクタープリセットにD|Sのシェーダーを当るとき、シェーダータブを開くと、なにこれ? っていうパラメーターの順列になっているものもあります

・・・まあ、別に私ごとき人間のくずが、人様を批判できる立場にはないってのは重々承知の上です
一々書くまでもありませんが

まあねえ、上記の例は結構日本人のベンダーさんのが多いいぞ
見た目というか、ディレクトリーはそれなりなんですけど、肝心の中身のCR2の構文、独自すぎじゃね? とか思いました
まあ、私も含めて日本人らしいっちゃ日本人らしいですが、日本以外では当たり前のフォーマットに合ってませんので、非常に扱いにくいと私は思いました

そのせいでD|S4.5に加えて、更に余計な手間がかかるキャラクターセットや服や靴や髪は、正直私はごめんですね・・・
まあ、酔っ払った勢いでってのが、この人間のくずの免罪符ですから

Daz4系の服はオートフィットツールでジェネシスに着させられるってのがD|S4.5の売りの一つなのですが、ハイヒールはうまく変換されません
多分、V4のデフォルトが爪先立っているのに対し、ジェネシスはべた足だからだと思われます

上でも書きましたけど、ジェネシス用に服は買いたくないし、それ以上にジェネシス専門のいい服もありませんので、面倒臭いけど自前で何とかするしかないんですね

で、V4を調整して、V4用ブーツをジェネシス用に変換できるプロパティプリセットを作ってみました

手順

シーンにジェネシスとV4と適当なV4用ブーツを読み込みます
ブーツはV4に着用させます



シーンタブでV4を選択して、上のプロパティプリセットを適応させます



V4用ブーツのオブジェクトを書き出します
シーンタブで対象のV4用ブーツ以外を非表示にして、V4用ブーツを選択します



ファイル>エクスポート>ファイルの種類をWavefrontObjectにして、適当なディレクトリー(ランタイム以下、ジオメトリフォルダがベストでしょう)に適当に名前をつけて保存します
書き出しオプションで、サイズは100パーセントにしてください



ファイル>インポートで、保存したV4用ブーツのオブジェクトをシーンに読み込みます



このV4用ブーツのオブジェクトをジェネシス化します

エディット>オブジェクト>トランスファーユーティリティを起動
ソースにジェネシス、ターゲットにV4用ブーツを指定してアクセプトで、V4用ブーツをジェネシス化できます





他のV4用ブーツを同様の手順でジェネシス化



やっぱり、ブーツ個別にV4を調整しなけりゃならないのかもしれませんが、スムーズモデファイラーで修正



ブーツ全体のヘリの形状が崩れちゃいますね ははははは

ではこの、ジェネシス化したV4用ブーツをライブラリに保存します
シーンタブでジェネシス化したV4用ブーツを選択しておいて、



ファイル>セーブアズ>サポートアセット>フィギアプロップアセットで、適当に名前をつけて保存



『次回起動時』よりコンテンツライブラリー以下に表示されますので、使えるようになります



まあねえ、こんなのシーンにV4用ブーツ読み込んで、それにスクリプト一撃でジェネシス化ってのが私に出来ればさ、私もD|Sマスターの仲間入りなんだろうけど

それが出来ない、基礎も実力もノウハウもテクニックもないから人間のくずなわけなのですよ(それだけじゃないけどね、へへへ リアルはもっとひどい・・・)



ではでは







DTIブログって?

close